不動産の相続、不動産賃貸経営の税金・売買を一括サポート

税理士が教える不動産ガイド

不動産の相続

兄弟で不動産を相続するときの注意点3選!名義を共有するリスクとは

投稿日:

兄弟で不動産を相続することになり、どうすれば平等に分けられるか? と悩む人は少なくありません。

そこで、今日は不動産を兄弟で相続するときの注意点を3つ紹介します。土地や建物を兄弟で相続することになった人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

兄弟で不動産を相続するときの注意点3選!

注意点1.トラブルになると兄弟が不仲になる可能性も

どんなに仲の良い兄弟でも、不動産の相続争いによって兄弟仲に亀裂が入ってしまうケースは少なくありません。

たとえば、よくある相続争いのケースには
● 「土地は相続してくれて構わないから、その分、現金を多めに相続させてほしい」と兄弟みんなが主張する
● 「ずっと親の面倒を見てきたのだから、その分は多めに相続させてほしい」と主張する兄弟と、それを認めたくない兄弟が対立する
● 親の残した遺言書に対して「不公平だから納得できない」と反発する兄弟がいる
などがあります。

いずれにしても、話し合いで解決できなければ調停で争うことになるのが一般的です。しかしそこまで話が発展すると引くに引けなくなり、さらなるトラブルへと発展する可能性もあります。

兄弟みんなが納得できる落としどころを探すためにも、「兄弟なんだから譲ってくれるハズ」といった甘い考えは捨て、しっかりと話し合い(協議)を行いましょう。

 

注意点2.不動産を共有することにはリスクがある

兄弟で不動産を相続した場合、兄弟で不動産を共有するケースは少なくありません。

しかし、兄弟で不動産を共有することにはリスクがあります。そのリスクとは、次の3つです。

リスク1.共有者が増えていく可能性を捨てきれない

共有した不動産は、いずれ共有者が増えていくかもしれないことを知っておきましょう。

共有者が亡くなると、その共有者の持ち分を相続人が受け継ぎます。相続人とは、たとえば配偶者や子どもなどですね。

相続人が1人なら現状と変わりないですが、もし相続人が2人以上となれば共有者も増えることになるため注意が必要です。

リスク2.売却や管理に共有者の同意が必要

共有している不動産については、全員の共有者が同意しなければ
● 売却
● 改修
● 地目の変更
などを行えません。

また、不動産の管理については共有者の過半数が同意しなければ勝手には行えないため、注意が必要です。

この場合の管理とは、賃貸物件として人に貸し出したり、逆に貸し出していた部分の契約を解除したりすることを指します。

少人数の兄弟で不動産の相続をした場合、これらを「いうほどのリスクではない」と感じるかもしれません。しかし1つ目のリスクで紹介したように、いずれ共有者が増えていった場合は事情もより複雑になっていくため、注意が必要なのです。

リスク3.共有者と音信不通になると負担が増える

3つ目のリスクは、自分以外の共有者と連絡が取れなくなってしまった場合に、不動産の管理を1人で務めなければいけなくなることです。

仮に相続した不動産が空き家だったとすると、その空き家を放置することで近隣住民に危険を及ぼす状態にもなりかねません。当然、その不動産の管理責任は所有者である兄弟みんなにあります。

しかし、共有者が行方不明や消息不明といった状態になってしまった場合、その責任を追及されるのは自分だけという状況にもなり得るのです。

当然、固定資産税の支払い責任についても自分だけが追求される可能性はあります。
兄弟で相続するときは共有名義を避けるのがオススメ
不動産を兄弟で相続する場合は、単に共有名義にするのではなく、不動産を分けて相続する方法がオススメです。

具体的には、
● 不動産を売却し、得たお金を分割する「換価(かんか)分割」
● 誰か1人が不動産を相続し、相続した人が不動産と同等のお金をほかの相続人に支払う「代償分割」
● 土地そのものを分割して登記し直し、それぞれの土地を兄弟が個々に相続する「土地の分筆(ぶんぴつ)」
などですね。

これらの方法で相続すれば、不動産の名義を共有することなく兄弟で公平に分けられます。

ただ、それぞれの方法にも注意すべき点がいくつかありますので、これらの方法を選択する際はあわせてチェックしておきましょう。

 

注意点3.相続人が予想と違うこともある

最後に紹介する注意点は、予想していた相続人に実は相続する権利がなかったり、別に相続する権利を持つ相続人がいたりするケースも少なからずあることです。

たとえば、再婚した相手の連れ子に相続権がなかったり、逆に元配偶者の元にいる子どもには相続権があったりするため、離婚や再婚をした過去がある場合は注意しなければいけません。

また、仮に離婚や再婚をした過去がなかったとしても、「戸籍を調べてみたら知らないところに腹違いの兄弟がいた」といったケースは実際にあるため、注意が必要です。

ただ、遺言書の有無や、養子縁組をしているかどうかなどによっても相続権は異なります。相続するのは兄弟だけだからと後回しにせず、相続人は早い段階でハッキリさせましょう。

 

 

まとめ

今日は、不動産を兄弟で相続するときの注意点を3つ紹介しました。

遺産相続は簡単に話し合える内容ではないため、仕事が忙しいことや相続に関する知識がないことを理由に、つい後回しにしてしまいがちです。しかし、せっかく集まった兄弟が元の生活に戻ってしまうと、さらに話を進めづらくなってしまうかもしれません。

もし話し合う時間があまり多く取れないなら、相続に詳しい専門家へ相談することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

-不動産の相続
-,

Copyright© 税理士が教える不動産ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.