不動産の相続、不動産賃貸経営の税金・売買を一括サポート

税理士が教える不動産ガイド

不動産の売買

マイホームを購入したいなら!動き出す前に知っておくべき注意点4つ

投稿日:

誰しも、マイホームの購入には失敗したくないものです。では、理想のマイホームを実現するには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

今日は、マイホームを購入したい人が動き出す前に知っておくべき注意点を4つ紹介します。理想のマイホームを実現したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

マイホームを購入したい人が動き出す前に知っておくべき注意点

注意点1.目的がハッキリしないまま購入するのはNG

1つ目の注意点は、目的をハッキリさせないまま家を購入すると、場合によっては後悔をする可能性があることです。

マイホームを購入する目的によって、選ぶべき物件は異なります。

たとえば、
● 毎月の支払額を今より抑えたい
● 子育てしやすい家を作りたい
● 自分の家を1から考えて建てたい
など、マイホームを購入する目的は人それぞれです。

これらの目的によって、購入すべき時期や年齢なども変わってくるでしょう。

そして、マイホームと一口に言っても、建売住宅を購入するのか、土地を購入して注文住宅を建てるのか、はたまた分譲マンションを購入するのかによって、踏むべき手順や必要な知識も異なります。

一生のうちに何度もあることではないからこそ、マイホームの購入は計画的に進めたいもの。「自分でも何が目的なのかハッキリとは分からない」と思う人は、まずは目的についてしっかり考えることをオススメします。

 

注意点2.「何もかもが完璧な家」の実現は難しい

2つ目の注意点は、「何もかもが完璧な家」を求めるのは難しいことです。

マイホームを購入するに当たり、「完璧な家を建てたい」と考えるのはあまりオススメできません。というのも、「家は3回 建てないと満足できない」という言葉もあるほど、マイホームの購入にはある程度の失敗が付きものだからです。

完璧な家とは、
● 立地条件
● 敷地、延床面積の広さ
● 家の機能性、設備
● 間取り
● 周辺環境、住民
などが全て思い通りの家を指します。

せっかくマイホームを購入するワケですから、こだわりがあるのは当然です。

ただ、そのこだわりがあまりに細かく、項目も多い場合、やはりその全てを実現するのは至難のワザだといえるでしょう。

実際のところ、暮らし始めてから隣の住人が変わることがあれば、近くに思わぬ施設が建つ可能性もあります。もし住んだことのない地域に引っ越すのであれば、暮らし始めてからその土地ならではの自然環境を知り、驚くことがあるかもしれません。

結婚と同じで、「何もかもが完璧」なものを求めると、いつまでたっても購入の話を進められない可能性が出てきます。1つ理想をかなえれば、それが原因となり諦めなければいけない理想が出てくるケースも、往々にしてあるものですよ。

マイホームを購入するときは、「何もかもが完璧」な家を求めないよう注意しましょう。

 

注意点3.「どこに依頼するか」で満足度が変わる

マイホームの購入をどこの業者に依頼するかによって満足度が変わるため、業者の選び方にも注意しなければいけません。

先ほどもお伝えしたように、一口にマイホームを購入すると言っても、購入する家のタイプは人それぞれ。そして、それぞれの場合においても依頼先は複数あるため、注意が必要です。

たとえば、注文住宅を建てたい場合は
● ハウスメーカー
● 工務店
● ビルダー
● 建築設計事務所
などに依頼するのが一般的でしょう。

「どんな業者に依頼するか」を選んだ後は、さらに「どの業者(会社)に依頼するか」を決める必要があります。

もちろん、ハウスメーカーに依頼する場合と工務店に依頼する場合でもメリット・デメリットは異なりますし、同じハウスメーカーだからといってどこの会社に依頼しても全く同じサービスが受けられるというワケでもありません。

依頼先によってマイホームへの満足度が変わる可能性は大いにありますので、依頼先は慎重に選びましょう。

 

注意点4.「自分が知らないこと」を相手は知らない

4つ目の注意点は、こちらから質問しない限り、こちらの知らない情報や分からない項目を相手が知り得ないことです。

ここでいう相手とは、依頼先の担当者や設計士、オーナーなどを指します。

たとえば建売住宅を購入した場合、テレビを見られるようにするための工事や、エアコンを設置するための穴(スリーブ)を開ける工事などは購入者が自分たちで手配して行わなければいけません。

これを知らない購入者は意外と多いものですが、この知識を購入者が持っているかどうかは相手も分からないため、聞かない限り教えてもらえない可能性があるのです。

購入者の多くは、「必要なことは何でも教えてもらえる」と思っています。

しかし相手も人間ですから、説明することをうっかり忘れてしまう場合もあるでしょう。中には、「価格を抑える代わりに義務付けられていることしか説明しない」といった方針の業者もあるかもしれません。

また、購入者にとっては驚きの事実でも、地元の人からすれば当たり前すぎて「わざわざ説明する必要がない」と思う可能性もあります。

いざ引っ越しとなってから「知らなかった!」「そんなの聞いてないよ!」という状況に陥るのは、こういった認識のズレが原因です。そこでオススメなのが、「知らないことは何でも教えてもらえるもの」ではなく「聞いたことしか教えてもらえないもの」と認識すること。

「知らなくてもきっと誰かが教えてくれるハズ」と誰かをアテにするのではなく、マイホームの購入に必要な情報は自分でしっかりと調べましょう。

 

まとめ

今日は、マイホームを購入したい人が動き出す前に知っておくべき注意点を4つ紹介しました。

マイホームは大きな買いものですから、後悔のない購入を実現したいものですね。どれも大切なことですので、ぜひ家族で共有し、しっかりと心構えをしてから購入に向けて動き出してほしいと思います。

-不動産の売買
-, ,

Copyright© 税理士が教える不動産ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.