不動産の相続、不動産賃貸経営の税金・売買を一括サポート

税理士が教える不動産ガイド

不動産の売買

家を売却したいと考えている人が知っておきたい4つの注意点

投稿日:

家を売却するには、まず手順を確認する必要があります。そして、手順を確認することと同じくらい大切なのが、注意点を知ることです。

今日は、家を売却したいと考えている人が知っておきたい注意点を4つ紹介します。不動産を売却するのが初めての人も2回目以降の人も、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

家を売却したいと考えている人が知っておきたい4つの注意点

注意点1.何でも簡単に信用しない・証拠を残す

1つ目の注意点は、何でも簡単に信用しないことと、なるべく目に見える形で証拠に残すことです。

たとえば、家の査定を不動産会社に依頼したときに「うちならどこよりも高く売れますよ」と言われたり、「この物件なら最低でも○○○万円くらいにはなりますね」と言われたりするかもしれません。

しかし、その言葉を簡単に信じてしまうのはNGです。

不動産売買でなくても、口約束はトラブルの元。不動産会社に査定を依頼したら、必ず査定書(見積書)をもらいましょう。

また、家を査定するときは複数の不動産会社に依頼して、価格を比べることも大切です。あまりに高額な金額を提示してきた会社があれば、その価格の根拠を説明してもらうとよいでしょう。

売買の時期によって相場が変動するのは、不動産の特徴です。そして不動産会社には扱う物件の得意・不得意があるため、依頼する不動産会社によっても売却価格は上下します。

もっといえば、どんなに信頼できる不動産会社でも、担当者によって満足のいく取引ができない可能性もあるのです。

そう考えると、信頼できるパートナーを選べるかどうかは家を売却する上で最も重要なポイントといえます。不動産会社を選ぶときはインターネット上のクチコミや情報をうのみにせず、自分で感じたことを大切にしてくださいね。

 

注意2.不動産会社との契約には3つの種類がある

2つ目の注意点は、不動産会社との契約には種類があることです。

家を売却する際に売り主と不動産会社が結ぶ契約を、「媒介(ばいかい)契約」といいます。

「媒介契約」の種類は全部で3つ。それが、こちらです。

1. 専属専任媒介契約
2. 専任媒介契約
3. 一般媒介契約

契約によってルールが異なるため、どの契約を選ぶかはじっくり考える必要があります。それぞれの違いについては、こちらを参考にしてみてください。

関連記事
不動産業者との3つの媒介契約 特徴や契約締結する際の注意点は?

不動産の売却を不動産業者に依頼する場合に、売主と依頼する不動産業者との間で結ぶ契約が「媒介契約」です。この媒介契約には3 ...

続きを見る

 

注意点3.家の売却にかかる費用がある

家の売却には費用がかかることも、注意点の1つです。

家の売却にかかる費用には、
● 仲介手数料
● 収入印紙代
● 登記費用
● 司法書士への報酬
● 不要品の処分にかかる費用
● ハウスクリーニング代
● 繰り上げ返済の手数料・違約金
● 税金
などがあります。

それぞれにかかる金額はさほど大きくないものの、総額で考えると意外と大きな出費です。

とくに割合が大きいのは、不動産会社へ支払う仲介手数料ではないでしょうか。中には高額な仲介手数料を請求してくる不動産会社もありますので、くれぐれも注意が必要です。

そもそも、不動産会社が請求できる仲介手数料には法律で定められた上限があります。何も知らない状態で売買契約を結ぶのは危険ですので、ぜひしっかりと知識を身に付けておきましょう。

関連記事
【不動産売却に必要な5つの費用】相場と計算方法も要チェック!

不動産を売却する際には、さまざまな費用がかかります。売却後に「知らなかった!」とならないよう、必要な費用について事前にチ ...

続きを見る

 

注意点4.売り主の瑕疵責任を軽く見てはいけない

最後に紹介するのは、売り主の瑕疵(かし)責任に関する注意点です。

売り主が売却した物件に対して負うべき責任を、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」といいます。マイホームを購入したことのある人なら、必ず一度は耳にしたことがある言葉でしょう。

瑕疵とは、欠陥や欠点、傷などを指す言葉です。

家の場合、一般的には
● 雨もり
● シロアリの被害
● 水道管の故障
などを指します。

売却した家に隠れた瑕疵が見つかった場合、売り主が責任を持って修繕費を支払うか、損害を賠償しなければいけません。

契約内容によって保証対象は異なるものの、もし契約違反となれば売買契約を解除される可能性があるということです。

もちろん、売却後に責任を問われる期間には定めがありますので、何十年もたってから瑕疵が見つかったからといって売り主が責任を負う必要はないでしょう。場合によっては、特約により瑕疵に対する責任(瑕疵担保)を免除してもらうケースもあります。

ただ、知っていたのに売り主があえて瑕疵を隠したとなれば、話は別です。告知義務違反で思わぬ損害賠償額を請求される可能性がありますので、くれぐれも注意しましょう。

売却後の瑕疵が心配な人は、「既存住宅売買瑕疵保険」を視野に入れてみてはいかがでしょうか。この保険に加入していれば、売買の成立後に瑕疵が見つかったとしても保険でカバーできるかもしれません。

不動産会社によっては独自の保証サービスを取り入れている会社もありますので、そういったサービスのある不動産会社を選ぶのも1つの方法です。

 

まとめ

今日は、家を売却したいと考えている人が知っておきたい注意点を4つ紹介しました。

細かいことをいえば、ここで紹介した以外にも、家を売却する手順それぞれに注意しなければいけない点があります。まずは売却の流れをしっかり把握し、落ち着いて取り組みましょう。

関連記事
不動産を売却する流れを4つに分けて解説!まずは全体像を把握しよう

不動産を売却するには、まず何から始めるのがよいのでしょうか? 売却したい不動産を納得のいく価格で売却するためにも、まずは ...

続きを見る

 

-不動産の売買
-,

Copyright© 税理士が教える不動産ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.